トップ > 0 一人暮らしの節約術や生活の知恵など > 一人暮らしでの住宅の間取りなど

一人暮らしでの住宅の間取りなど

最近の一人暮らしでは、お部屋を探す場合に
間取りやスペースをしっかりと検討をする方が増えてきています。

女性だけでなく、男性もまた部屋の間取りを気にする
ようですね。

さて、ここでは一人暮らしでの部屋の間取りについて
見ていきます。


一人暮らしに向いている代表的な
間取りはといいますと、どういう間取りがいいのでしょうか?

答えは・・・・「ワンルーム」「1K」「1DK」です。

一人暮らしの部屋探しは入念な下見から始めるのが大切です。
まずは、物件の外観が大切です。

あまりにも自分が生活をしているところがマル見えですと、
カーテンを引いたままになる恐れもあるので、自分の部屋の
見え具合を確認しておいたほうがいいでしょう

では、「ワンルーム」とは、どういう間取りを
指すのでしょうか?

ワンルームとは、キッチンも居室内に1室に
まとまっているタイプをいいます。

「1K」はキッチンのことで、水回りと居室が、
壁や扉で仕切られているタイプの間取りです。

そして「1DK」は、居室のほかにダイニングキッチンが
あるタイプをいいます。


では、「ワンルーム」のよい部分を見てみます。

ワンルームは、仕切りが少ないですので、居室が
広くなりますが、室内に置く家具・家電が、すべて
同一スペースに収めることができます。
なので、部屋に生活感が出やすくなる利点があります。


「1K」は、キッチンと居室が仕切られているため
玄関から部屋が丸見えになりませんのでいいですね。

「1DK」は、ダイニングキッチンと居室がはっきり分かれていて
各部屋を目的に応じて使い分けができますところがいいです。
1DKという間取りでは、料理をよくする方や、友達を呼んで
一緒に食事をする機会が多い一人暮らしの人におすすめの
間取りになります。


また、最近の流行でもある、デザイナーズマンションですが
壁の一部が斜めになっていたり、弧を描いているような
変形間取りの部屋の形がありますので、個性的な空間を
つくりだせる間取りですが、思わぬデッドスペースが
出ることもあるので注意したいですね。


最後に、一人暮らしの間取りでは、収納は大きければ
大きいほど便利といえます。
居室は実際に一番長く滞在するスペースとなりますので
自分にとってくつろげる間取りであるかどうか
確認するのがいいですね。

以上で、一人暮らしでの間取りの考え方と注意点を
まとめてみました。

この記事のカテゴリーは「0 一人暮らしの節約術や生活の知恵など」です。
一人暮らしの生活の知恵や節約術などまとめています
関連記事

一人暮らしでの住宅の間取りなど

最近の一人暮らしでは、お部屋を探す場合に 間取りやスペースをしっかりと検討をする...

一人暮しでの生活費と節約術

一人暮らしをするために必要なことは生活面での資金 や食事などではないでしょうか。...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「0 一人暮らしの節約術や生活の知恵など」です。2009年02月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「0 マンスリーマンション詳細」です。2009年02月12日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「0 女性の一人暮らしの知恵」です。2009年02月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「0 一人暮らしの防犯対策」です。2009年02月10日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索